ネットワーク研究室

宮崎公立大学ネットワーク研究室は、2000年から活動を開始しました。本研究室では,ネットワーク技術の開発というより,進化するネットワークをどのように利活用していくか提案する研究室です。

現在は,教育,福祉,ボランティアの分野での情報技術の利活用を検討し、障がい者理解、防災教育、地域防災,災害時要配慮者支援、地域の見守りなどの活用を試みています。

スタッフは,3年生,4年生がそれぞれ8名程度、後期の10月からは2年生8名程度も加わり,毎年総勢24名程度で活動しています。

【学生コラムスタート】 平成26年5月より、毎週、学生コラムとしてゼミ生が気になることを発信します。ご期待ください!!

【障がい者雇用リファレンス】 障がい者を雇用している企業の取材記録を公開します。平成20年から毎年取材しているものです。全国のレファレンスは、http://www.ref.jeed.or.jp/


【災害弱者支援システム ぴ〜すけ】
 本研究室で取り組む災害弱者支援のために開発したシステムです。災害時、そして日頃の見守りに活用するヘルプカードです。